ヨガとマット

ホットヨガをする上で他の人と差別化したいのはヨガマットです。

ヨガスタジオなどでレンタルできることもありますが、汗をかくのであまり他人の使ったマットをそのまま使いたくないという人もいるでしょう。

そんなヨガマットのポイントをご紹介します。

ヨガマットを選ぶポイント

ヨガマットの役割は硬い床と身体の間に敷いてクッションの役割をするというものです。

選ぶときのポイントは厚みと滑りにくさということがあります。

ヨガマットの厚みに関しては、厚いとクッション性が高まるので、床の硬さを感じにくくなっていいのですが、持ち運びになると重たくなります。

逆に薄いヨガマットだとクッション性が低くなるので、床の硬さを感じてしまうかもしれません。

ヨガマットの裏面にも注目してください。ホットヨガ自体はあまり激しい動きは無いのですが、プログラムによっては動きが大きいものもあるので、滑りにくいものを選びたいものです。

ヨガマットに敷くヨガラグ

ヨガマットを持っていくのはかさばるし面倒だという人はヨガラグという選択肢もあります。

ヨガラグというのはヨガマットの上に敷いて、汗を吸収させマットの上で滑らないようにするというものです。

マイクロファイバーでできているものが多く、吸水性と速乾性に優れていて、折りたたむとコンパクトにまとまるので持ち運びも便利です。

起毛素材のものが多いので、ツルツル滑ることもなく、クッション性もいいです。

さらにいろんなデザインがあるので、レンタルのヨガマットでも自分好みにカスタマイズできます。

ホットヨガウエアを選ぼう